不動産投資,仕組み,初心者

不動産投資で不労所得を得る仕組み

不動産投資で不労所得を得る仕組み

不動産投資で不労所得を得るためには、大きく分けて2つの方法があります。

 

1.物件を安く購入し、高く売却し、利益を得る方法(キャピタルゲイン)

 

2.物件を賃貸し、家賃収入を得る方法(インカムゲイン)

 

また、両方の利益を得られる物件も存在しています。

 

できることなら、そういう優良物件を購入したいですよね。

キャピタルゲインを得る仕組み

不動産投資,仕組み,初心者

キャピタルゲインを得る仕組みについて説明します。

 

 

キャピタルゲインというのは、物件を安く購入し、高く売却して得る利益ですから、次のように考える人もいるかもしれませんね。

 

 

「物件を売却した金額」−「物件を購入した金額」=利益

 

 

ですが、実際のところはもう少し複雑です。

 

なぜなら、物件を購入するにも売却するにも、手数料や税金がかかるからです。

 

 

物件を購入する際は、次のような費用がかかります。

 

  • 仲介手数料
  • 印紙税
  • 司法書士手数料
  • 登録免許税
  • 不動産取得税

 

 

また、物件を売却した際に利益が出た場合は、その売却益に対する税金もかかってきますので、それら諸費用を引いた上でも利益が出るかどうかをよく考える必要があります。

 

つまり、キャピタルゲインを得るということは、次のようになります。

 

「物件を売却した金額」−「物件を売却した際の諸費用」−「物件を購入した金額+諸費用」=利益


インカムゲインを得る仕組み

不動産投資,仕組み,初心者

 

インカムゲインを得るために、最も大切なのは、「キャッシュフローをプラスにすること」です。

 

これをよく検討せずに、毎月赤字になるような物件を手にしている人もいます。

 

ここは非常に重要なので、しっかりとチェックしていきましょう。

 

 

キャッシュフローの計算式

 

「家賃収入」−「管理費+修繕積立金+固都税+委託管理費+その他経費」−「返済利子」−「減価償却費」−「税金(所得税+住民税)」=税引き後利益

 

 

「税引き後利益」+減価償却費−返済元本=キャッシュフロー

 

 

ということになります。

 

 

つまり、家賃収入から、諸々の経費や必要な税金やローン等を差し引いて、手元に残るお金のことです。

 

当然ですが、この「キャッシュフロー」をプラスにすることが大切です。

 

できるだけキャッシュフローを大きなプラスにできるような物件を手に入れることが重要になってきます。

 

 

 

このあたりの計算式は、おそらく初心者の方には、イメージしにくいかもしれませんね。

 

このような話を、わかりやすく説明してくれるのが不動産投資セミナーです。

 

セミナーなら、どうしても理解できなかった箇所を、終了後に質問することも可能です。

 

 

ぜひ、自分でもしっかりと理解できるようになってから不動産投資を始めてみてください。

 

あなたがわかるまで一緒になって考えてくれる人たちが、そこにはいます。

 

 

初心者でもわかりやすいと人気なのは、グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーです。

 

不動産投資セミナーの詳細はこちらから。
参加費は無料です。
↓↓



ホーム RSS購読 サイトマップ