不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資におけるデメリットやリスクとは?

不動産投資には、様々なリスクがある!

不動産投資,デメリット,リスク

 

不動産投資には、メリットもたくさんありますが、もちろんデメリットやリスクもあります。

 

 

 

それは、ポイントをまとめると以下のようになります。

 

空室リスクがある
滞納リスクがある
金利上昇リスクがある
値下がりリスクがある
流動性リスクがある
地震、火事などの災害リスクがある
住人トラブル、犯罪などの人的リスクがある

 

では早速、それぞれについてもっと詳しくみていきましょう。


空室リスクがある

不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資のリスクの1つに、「空室リスク」があります。

 

 

これは、借りてくれる人が見つからず、部屋を空き室にしたままの状態になってしまうことです。

 

そうなってしまうと、ローンで購入した物件であれば、毎月の返済ばかりがかさんでしまいます。

 

ローン残債が無いとしても、毎月の管理費や修繕積立金などは支払う必要があり、すぐに赤字に転落です。

 

 

こうした空室リスクに備えるためにも、手に入れる物件選びは慎重に行う必要があります。

 

 

ただし、どんなに素晴らしい物件でも、まったく空室にならない物件は、ほぼ無いといっていいでしょう。

 

大切なのは、長期間空室になってしまわないような魅力的な物件を選ぶことと、空室になった際には速やかに入居者が見つかるように行動することです。

 

また、どうしても借り手が見つからない場合は、賃料を下げてみたり、部屋をリフォームすることも視野に入れて検討する必要があります。


滞納リスクがある

不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資には、「滞納リスク」というのもあります。

 

 

これは、入居者が賃料を支払ってくれない状態で、住み続ける状態です。

 

督促をして支払ってくれればまだいいですが、そうはいかない場合もあるようです。

 

この事態に備えるために、滞納保証サービスも充実していますので、賃貸契約をする際に一緒に入るといいでしょう。


金利上昇リスクがある

不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資をする人は、物件を購入する場合、銀行などの金融機関でローンを組むことも多いでしょう。

 

その場合にリスクとなるのが、「金利上昇」です。

 

 

当然、ローンには決まった金利がかかってきますが、変動金利の場合、金利が上昇すると返済金額も上がります。

 

 

毎月の賃料ではまかないきれず、自分で不足分を支払うようになった場合は、完全に赤字です。

 

その物件を保有すればするほど、赤字が拡大する事態に陥ってしまいます。

 

低金利が続く状況では、変動金利のほうがメリットがありますが、その場合でも金利の上昇には常に意識を配っておくべきです。

 

 

どうしても心配な人は、はじめから固定金利でローンを組むことも検討してみましょう。


値下がりリスクがある

不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資には、値下がりリスクというものもあります。

 

値下がりリスクとは、購入した物件の価値が下がってしまうことによるリスクです。

 

これは、例えば、保有していた不動産を売却することで利益を得ようとしていた場合、その利益が出ない可能性があります。

 

もしくは、損益を出してしまう可能性すらあります。

 

 

ただし、1点触れておきたいのは、実は不動産そのものの価値(金額)が下がったとしても、案外賃料には影響しないことが多いです。

 

ですから、購入した物件を、常にリフォームなどを繰り返して、ずっと自分で保有するのであれば、そこまで気にすることもないかもしれません。

 

 

とはいっても、できることなら初めから、値下がりの可能性の低い物件を手に入れたほうがいいでしょう。


流動性リスクがある

不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資は、どうしても流動性リスクがあります。

 

不動産は、今日思い立って、明日現金化するようなことは、ほぼできないと思ったほうがいいでしょう。

 

例えば、身内の急な手術で、来週までにまとまった金額を用意しなくてはいけなくなった場合でも、不動産を売却してそのお金を用意することは難しいです。

 

売りたいと思ったときに、すぐに売れないのが流動性リスクです。


災害リスクがある

不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資は、「不動産」という現物をもとに利益を得ています。

 

ここには当然、地震や火事といった災害リスクが存在しています。

 

地震や火事が起こってしまい、物件に損害が出てしまったら、もう家賃収入はのぞめないかもしれません。

 

これに対処するには、やはり火災保険や地震保険に加入することでしょう。

 

どの程度の保険をかけるかよく検討が必要です。

 

また、物件の立地を分散することでも、災害リスクに対処することが可能です。


人的リスクがある

不動産投資,デメリット,リスク

不動産投資の最後のリスクは、人的リスクです。

 

 

人的リスクとは何かというと、例えば、入居者が部屋で自殺をしてしまったり、強盗にあったり、殺人があったり、孤独死をしていたりといったものです。

 

また、ここまで被害が大きくなくても、ペット飼育の契約違反や、ごみ、騒音問題など様々な問題が起こりえます。

 

 

こうしたリスクに備えるには、物件のセキュリティを強化したり、人的リスクに対応する各種保証サービスがあるので、それに加入することを検討してもいいでしょう。


初心者が不動産投資を始めたいなら

不動産投資,デメリット,リスク

 

このように、不動産投資には、様々なリスクが存在しています。

 

 

これだけ聞くと、不動産投資を始めるのが怖くなるかもしれませんが、リスク無しにリターンが望めることはありません。

 

 

これらのリスクが起こる可能性は、そう高くはなく、また不幸にも起こってしまった場合に対処できるよう備えておけばいいのです。

 

 

これから不動産投資を始める人や、今すでに物件を持っているがこれからもっと増やしたい人は、不動産投資セミナーに参加すると、自分の世界や可能性が広がると思います。

 

是非、専門家の話を聞きに行ってみてください。

 

 

初心者でもわかりやすいと人気なのは、グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーです。

 

不動産投資セミナーの詳細はこちらから。
参加費は無料です。
↓↓

 

 



ホーム RSS購読 サイトマップ