不動産投資,資金計画,初心者

不動産投資における資金計画とは?

不動産投資における資資計画とは

不動産投資,資金計画,初心者

 

不動産投資における資金計画には、いくつかのポイントがあります。

 

それを念頭において、いい物件に出会えたら購入していくことが大切です。

 

ではそのポイントを紹介します。

 

不動産投資における資金計画のポイント

  • 生活費ではなく、余剰資金を利用して始めること
  • アパートローンを賢く利用すること
  • もし空室になり家賃収入が無くなっても生活に困らない借入額とすること

 

それぞれについて、少し詳しくみていきましょう。


生活費ではなく、余剰資金を利用して始める

不動産投資,資金計画,初心者

 

これは非常に大切なことですが、手元にほとんど貯金がない状態で、不動産投資を始めるのはやめたほうがいいです。

 

不動産投資は、それほどハイリスクではありませんが、それでも突発的な災害や空室リスクは伴います。

 

そこに、生活費の中から持ち出した資金で不動産投資を始めた場合、とてもリスクは高いと言えます。

 

 

例えば、購入した物件の入居者が退去してしまい、その後しばらく入居者が決まらないケースもあります。

 

また、もしかしたら、会社の給料が大幅ダウンしてしまう可能性も排除できない時代です。

 

 

そんな非常事態が起こってしまった場合でも、ある程度まかなえそうな生活費をキープした上で、不動産投資を始めるのが理想的です。

 


アパートローンを賢く利用する

不動産投資,資金計画,初心者

 

余剰資金をある程度用意できたら、アパートローンも上手に活用して、まずは最初の物件を購入してみましょう。

 

不動産投資を始めるなら、全額現金で物件を購入するよりも、上手にローンを組んだほうが効率的に物件を増やせます。

 

 

その際、都市銀行や地方銀行、信用組合など、様々な金融機関がありますが、地域密着型の金融機関のほうが、個人に対するアパートローン融資に積極的です。

 

地元にある地方銀行などを頼って、アパートローン相談をするといいでしょう。

 

ただし、銀行への融資相談は、自分で行くよりも、不動産業者さんを介して行ったほうがスムーズに話が進みやすいです。

 

相談できる不動産業者さんをつくっておくと、具体的なローンの話を聞くことができます。


もし家賃収入が無くなっても生活に困らない借入額にする

不動産投資,資金計画,初心者

 

自己資金に加え、アパートローンも活用して不動産物件を購入する場合の注意点です。

 

もしも、その物件が空室になってしまい、家賃収入が無くなった時でも、ローンの返済は続きます。

 

そんな空室時でもローン返済に困らないように、返済額は設定するべきです。

 

 

借入額を多くするほど投資効率は上がりますが、その分リスクも上がるということを充分に理解しましょう。

 

 

もっと具体的な資金計画を知りたいなら、まずは不動産投資セミナーに参加するのがお勧めです。

 

不動産投資セミナーなら、初心者でもわかりやすいように専門家が説明してくれて質問することも可能です。

 

いくつか不動産投資セミナーに参加するうちに、ポイントがわかってきますよ。

 

 

初心者でもわかりやすいと人気なのは、グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーです。

 

不動産投資セミナーの詳細はこちらから。
参加費は無料です。
↓↓

 

 

 

この一歩が、あなたの将来を大きく変える一歩になるのです。



ホーム RSS購読 サイトマップ