不動産投資,賃貸管理,初心者

不動産投資で賃貸管理はどうする?

不動産投資で賃貸管理ってどうしたらいいの?

不動産投資,賃貸管理,初心者

 

不動産投資で気になることのひとつに、賃貸管理をどうするかという問題があります。

 

そもそも、不動産投資物件の管理には、大きく分けて「建物管理」と「賃貸管理」の管理業務があります。

 

そのうちの賃貸管理とは、以下のような内容です。

 

賃貸管理とは

  • 入居者の募集
  • 契約手続き
  • 家賃集金の代行
  • 滞納祖督促
  • クレーム対応など

 

このような業務に対し、通常、賃料収入の3〜5%を支払って委託することになります。


サブリースってどういう仕組み?

 

賃貸管理の基本的な仕事内容は、入居者募集と集金管理です。

 

つまり、本来は自分でするべき仕事を管理会社に委託していることになります。

 

 

これに対し、サブリースというのは、空室や家賃滞納があったとしても、一定の家賃が保証されるサービスのことです。

 

通常は、保有する物件が空室になった場合は、家賃収入もゼロになります。

 

ただし、サブリース契約をしていた場合は別です。

 

 

サブリースとは、管理会社があなたの保有する物件を借り上げてくれて、各部屋を転貸してくれます。

 

その場合、空室や滞納があった場合でも、毎月一定の賃料が支払われます。

 

空室の場合は、サブリース会社が持ち出しでオーナーにお金を支払うことになります。

 

その代わりに、サブリース会社は、賃料収入の15%〜20%程度の手数料を受け取る仕組みです。

 

 

オーナー側は、賃料収入は少し減りますが、収入が安定するというメリットがあります。

どんな管理会社を選ぶかによって投資効率が変わってくる

不動産投資,賃貸管理,初心者

 

賃貸管理をまかせる会社選びは非常に大切です。

 

例えば、家賃の滞納にしても、管理会社の対応ひとつで状況は変わってくるものです。

 

1日でも滞納したら即電話がかかってくる管理会社と、数日遅れたのを確認後、文書を送ってくる会社では、明らかに入居者の気持ちも違います。

 

このように、できるだけフットワークの軽い管理会社を選ぶことが大切です。

 

 

また、初心者が自分で不動産投資を始める場合、自分で管理したほうが経費が少なくて済むと思うかもしれませんが、これはあまり賛成できません。

 

何事もなくうまくいっている時はいいのですが、トラブルが発生したときに自分ひとりでは対応が難しいこともあります。

 

そんな時に、あなたのかわりに対応してくれる管理会社は強い味方になることでしょう。

 

もし、あなたが自分の仕事を持ち、働きながら不動産投資をしようとしているとしたら、なおさら管理会社に頼んだほうがいいと思います。

 

自分でする仕事を減らし、効率よく賃貸不動産を増やすことを考え、不労所得を増やしてください。

 

 

 

初心者が不動産投資で不労所得を得る仕組みについて、もっと詳しく知りたいなら、不動産投資セミナーに参加するのがお勧めです。

 

 

初心者でもわかりやすいと人気なのは、グローバル・リンク・マネジメントの不動産投資セミナーです。

 

不動産投資セミナーの詳細はこちらから。
参加費は無料です。
↓↓



ホーム RSS購読 サイトマップ